searchカテゴリー選択
chevron_left

「ダイエット」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

40代男性のダイエット トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • 雑記系ブログです!

    雑記系ブログです!

    こんにちはアズキングです!アズキ(ウサギ)の飼い主です。日常で気付いた事などをブログにしている雑記系ブログです。 100㎏超え体脂肪率30%超えからのダイエット頑張っています! 興味のある記事があれば⭐️付けて読者登録よろしくお願いします。

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 1人

  • 体脂肪率30%超えからのダイエット

    体脂肪率30%超えからのダイエット

    体脂肪率30%を超えたので30%以下に落とすため管理人もダイエット中です! 簡単にできる筋トレや食事療法など色んなダイエットに役立つブログを投稿し会えればと思います。 みんなで弛んだ体を引き締めあいましょう!

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 2人

  • リングフィットアドベンチャー

    リングフィットアドベンチャー

    ニンテンドースイッチのゲームソフト、 リングフィットアドベンチャーについてなんでも!

    テーマ投稿数 34件

    参加メンバー 8人

  • ケトジェニックダイエット

    ケトジェニックダイエット

    ケトジェニックダイエットについての記事をどんどんお願い致します!

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • あと10kgやせたい!

    あと10kgやせたい!

    身長157cm、41歳の主婦。 2019年4月、人生最高の54kgとなり、スロージョグによるダイエットを開始。 54kg→49kgのダイエットに成功!しかし、その後リバウンド…。 2020年1月、再びダイエットを決意。必ず達成するぞ!

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 4人

  • 節約は最高のコストパフォーマンス!

    節約は最高のコストパフォーマンス!

    コスパのいいモノ、考え方をたくさんトラバしてくださいね!管理人はコスパという言葉が大好きな30代看護師パパです!

    テーマ投稿数 102件

    参加メンバー 4人

  • 30代からの美容法

    30代からの美容法

    30代から40代も、ずっとずっとキレイでいるための美容法を色々試しています!エステ、化粧品の仕事での技術を生かして年齢に負けないお肌を目指しています!!

    テーマ投稿数 48件

    参加メンバー 6人

  • 糖質血糖値ダイエット

    糖質血糖値ダイエット

    炭水化物はこう食べれば太らない!我慢しない「食べ合わせダイエット」 ダイエット中は食べちゃダメというイメージのある炭水化物。でも実は食べ合わせを意識すれば、ダイエット中でも食べることができます。ここでは、炭水化物の太らない食べ方を伝授!我慢不要なので、ストレスも軽減できますよ。 炭水化物で太る理由は? 糖質制限ダイエットが広まり、ダイエット中は炭水化物は禁止というイメージが根付いていますよね。 炭水化物が敵視されているのは、カロリーの高さに加え、血糖値を急上昇させてしまうからです。 血糖値が急上昇すると、インスリンという脂肪を貯め込みやすくするホルモンが分泌され、上がりすぎた血糖値を下げようと働きます。しかしインスリンには、脂肪を貯め込むという性質もあり、分泌量が増えると太ってしまうことになるのです。 また、血糖値が急上昇すると、その後はジェットコースターのように急降下をすることになります。 低血糖の状態=空腹とみなされるので、すぐにお腹が空いてしまうことにもなり得ます。ここで食べてしまえば、カロリー摂取が増え太ってしまいます。 炭水化物抜きダイエットで痩せる理由 炭水化物を抜くことで痩せられる理由の一つに、血糖値の急上昇を抑えるということが挙げられます。 健康な方の場合、血糖値を上げる栄養素は、なんと糖質のみ! そのため、糖質を制限する→血糖値の上昇が緩やかになる→インスリンが分泌されず脂肪の蓄積を防ぐことができるのです。 炭水化物を食べながらダイエットする方法が知りたい! 糖質を抑えることで摂取カロリーを減らせるという利点もあり、糖質制限ダイエットで痩せた人はとても多いです。しかし一方で、リバウンドをしてしまった、ストレスが多かった、体調を崩してしまったという方も増えています。 ご飯やパン、パスタ、うどんなど、糖質を多く含む炭水化物は、私たちの食卓に欠かせない存在であり、一生糖質を制限していくのは無理があるのです。 そこで知っておきたいのが、糖質量を制限することなく血糖値の上昇を防ぐ方法です。 実はちょっとした工夫で、糖質を食べても血糖値を急上昇させないようにできるのです。これを知っておくだけで、辛いダイエットはとてもスムーズになります。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • 楽しい暮らし&ゆるりとダイエット

    楽しい暮らし&ゆるりとダイエット

    暮らしを楽しみながら、こつこつダイエットに励んでいます。食べながら、痩せるダイエットを目指しています。写真も好きなので、日常生活の一コマを写真に納めています。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 5人

  • 新しい身体、新しいニーズ:体重を減らす方法

    新しい身体、新しいニーズ:体重を減らす方法

    新しい身体、新しいニーズ:体重を減らす方法 体重を減らすことは簡単ではありません。成功すると、休憩を取りたくなることがあります。 多くの人々は、彼らの体重が減った後、彼らの体が古い習慣に落ち着くと、それは忍び寄って来ることに気づきます。 さらに、新しいスリムな体は古いものとは異なるニーズを持っているか、持続可能であるためには異なる習慣を発達させなければならないことがあります。 食べることから運動すること、見た目だけに至るまで、あなたの体については物事が変わったので、それらの変化にどのように対応するかを考える時が来ました。 失った体重を抑え、新しい身体を健康に保つための次の方法を検討してください。 毎日の運動 運動は心臓の健康、ホルモン、体重管理に優れていることは誰もが知っています。 体重を減らすために、おそらくすでに日常的に運動する習慣を身につけているでしょう。 多くの医師は、毎週少なくとも150分の運動を推奨しています。 健康的な習慣を作ること、そして希望するウエストラインに達するまで運動するだけではないことが重要です。 体重を減らすには、最適な結果を得るために、有酸素運動と筋力トレーニングの両方のレジメンを開発することが重要です。 特に筋力トレーニングは、一貫したワークアウトでのみメリットをもたらし、望ましい結果の多くは、あなたが年をとったときにのみ得られます。 それはまたあなたの新陳代謝および減量を後押しします、そしてそれはあなたが体重を抑えるだけでなくそれを失うのを助けるでしょう。 役立つもう1つのことは、レジメンを切り替えて、体のさまざまな部分を運動させることです。 今はそれほど体重を減らす必要はないかもしれませんが、体が脂肪を燃焼するのに慣れるようにすることは非常に重要です。そのため、多くの場合、運動療法を少し変更する必要があります。 https://jp1239512395.blog.fc2.com/

    テーマ投稿数 33件

    参加メンバー 2人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「ダイエットブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)